曹洞宗 傑伝寺HOMEへ ホーム  交通のご案内  リンク集  メール メールお待ちしてます


傑伝寺のご紹介

傑傳寺の概要


    天桂山てんけいざん 理應院りおういん 傑傳寺けつでんじ

    傑伝寺 本堂
宗派 曹洞宗(永平寺直末)
本山 福井県 永平寺
ご本尊 釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)
→当寺の釈迦牟尼仏
→曹洞宗と釈迦牟尼仏について
所在地 〒334−0063
埼玉県川口市東本郷1506
→交通のご案内
TEL:048-281-1655

傑傳寺の歴史

現存する『天桂山傑傳禅寺文書』(金沢文庫所藏)によると、萬治の初め(1658〜1661年頃)永平寺第27世 嶺巖英峻禅師りょうごんえいしゅんぜんじ開山。江戸における幕府重鎮であった、酒井忠勝を弔うため建立された。忠勝の戒名『空印寺殿傑傳長英大居士』より傑傳をとり寺名とした。当時は広大な敷地を有し、永平寺直末であり、さらに酒井家の香華寺であることから繁栄した。
 
近代、神仏分離令・寺社領上地令・仏毀釈運動等による変遷、また、大正年代には関東大震災の被害で酒井家も出身の小浜に引き上げ、戦後は農地開放されるなど、様々な事柄において様子は一変した。
その後、当寺25世住職の代、復興の努力が実り、昭和44年、近代風ながら本堂が新築。
続く26世住職の代には、昭和55年客殿の新築、境内整備等が行われ現在に至っている。
 
傑伝寺のご紹介